残された時間

オーディオ、音楽、あと適当に

JBL4343

昨日、オーディオをネタにしているYouTuberの動画を見た。

JBL4343でジャズを豪快に鳴らしている。

 

4343,これはもう単なる数字の羅列ではない。

中学生のころ、憧れ、否、人生の指針だった。

4343みたいに生きたいと思ったものだ。

(わけわからないでしょう。他人のことは放っておいてください)

 

f:id:nozalashi:20210605221625p:plain

JBL4343

 

動画は、パワーアンプと4343の接続を色々変えて、出音を空気録音して比較するといった内容である。

ヘッドホンで聞いてみたのだが、とにかく大音量(自分にとっては)で音楽を鳴らせる環境が羨ましい。

ウッドベースがうなっている。

ヘッドホンで音量をいくら上げても、あのうなりを感じることは不可能。

ウッドベースを至近距離で聞いたらあんな音がするんだろうな、と思う。

 

その一方、気になったこともある。

変な話だが、箱が鳴っている感じがするのだ。

スピーカーが鳴るのと同時に、キャビネット(箱)も鳴っている感じ。

スピーカーの振動に対して、キャビネットの強度が弱いんじゃないか? と思った。

 

あと、ボーカルがキツイ。

以前の記事でも書いたが「耳に突き刺さってくる」のだ。

マイクを通してPAの音を至近距離で聞くとあんな感じになるかも。

自分はジャズのライブには行ったことがないので、あくまでも想像なのだが。

ウッドベースにリアルさを感じただけに、あのボーカルにはかなり違和感を感じた。

 

今の自分だったら、4343というスピーカーシステムはちょっと選択肢に入らない。

それだけ自分と4343の間に「時間」が流れたのだろう。

もっとも、4343を買う財力はないし、置き場所もないから、そもそも選択したくてもできない。

あ、置こうと思えば置けないことはない。

かなりの至近距離で聞くことになるけれど。

それはそれで面白いかも。

箱鳴りはともかく、ボーカルがなぁ……